精霊の守り人実写化ドラマ感想!

NHK大河ドラマ「精霊の守り人」ファンタジー大作実写化に対する感想!





上橋菜穂子氏による小説から始まった

「精霊の守り人」はアニメになり今回の

NHK大河ドラマの実写化へと段階的に進んできました!





今回の実写化の話を聞いて従来の小説

アニメファンの方は

あの「精霊の守り人」

ファンタジーが実写化が果たして出来るのだろか?

といった感想を持ったのではないでしょうか?





ファンであればこそ登場人物に思い入れも強いと思いますし

スケールの大きいストーリーだけに実写化に

対する不安のようなものもあったのではないでしょうか?



キャストの神尾佑さん

松田悟志さん

林遣都さんは鍛え上げた肉体を駆使して

「ガッツリアクション」を見せてくれるでしょうし

ジグロ役の吉川晃司さんも学生時代水球で鍛え上げた

高い身体能力を見せてくれると思います!





子役の小林颯さん演じるチャグムは

準主人公的な立ち居地でバルサとの絡みで

成長ぶりを見せてくれると思います!





最大の見所としてはやはり綾瀬はるかさん

演じるバルサのアクションとチャグムを助け見守る事で

母性を見せながら一人の人としての成長していく姿でしょう!





綾瀬はるかさんは身体能力が高いと評判で、


「他の撮影等でアクションシーンを撮るときに本気で挑むと相手に怪我をさせてしまうから少しスローに演技してもらった」



という話が残っているくらいですから!?





また「アミューズオーディション2014」

で頂点に立ちデビューした

清原伽耶さん演じるバルサの幼少期も見所の1つではないでしょうか?



現在15歳ということもあり一般的に知名度はまだまだですが

この精霊の守り人での演技で

注目されていくことは間違い無いでしょう!





「精霊の守り人」はファンタジーだけではなく

多民族的な背景を持っています。



「精霊の守り人」の「多民族的」

という部分を考えたとき

「シルクロード」の歴史を感じずにはいられません!





現代の近代化された日本と言う

島国に住んでいるとあまり感じないかも知れませんが

周りを見渡すと日本人は実は

多彩な多民族的な顔立ちの人が多いことを忘れがちです!



アジア的、イスラム的、欧米的と

日本人は案外雑多な人種なのかもしれません!





遠い遠い古の日本は今で言う

諸外国に対して開放的な国で

あらゆる国から人々が集まりつどう国だった!?

その名残が子孫である

私たちの顔形に遺伝子を残している可能性は?



ない話ではない気がします!





日本人の顔ということで

壮大な感想を抱いてみましたが

「精霊の守り人」の実写化に対する

小説、アニメファンの方も大河ドラマを観て

どんな感想を抱くのか?



一人ひとりに思い入れがあるように

感想は人それぞれでいいのではないでしょうか?





【関連記事】

NHK大河ドラマ精霊の守り人の視聴率!

精霊の守り人視聴率篤姫と大河ドラマ徹底比較!

NHK大河ドラマ精霊の守り人キャスト出演者一覧!





最後までありがとうございます。

記事はいかがでした?

何か興味深く感じることがありましたら、以下のソーシャルメディアボタンで

共有していただけると嬉しいです!



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です